• 株式会社AliveCastはプライバシーマークを取得してます。
  • 福岡市インキュベート認定マーク福岡県子育て応援宣言登録マーク
  • 株式会社AliveCastは国の認定を受けた異分野連携新事業(新連携事業)に取り組んでいます。
  • FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • JTBビジネスイノベーターズ Travel・Fintechビジネスコンテスト 最優秀賞 受賞
  • AEON Financial Service Innovation 2017 特別賞 受賞
  • 第17回MIT-VFJビジネスプランニングクリニック&コンテスト 正会員特別賞・マイクロソフト賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業
  • 特許第6372856号
  • 特許第6316654号

伝わるデザインついて、瞬時に判断していくための知識を書き綴ります。デザイン探索

2020年6月15日(月曜日)  (村本 友梨)

「お知らせ/ブログ」ページの役割・見せ方

皆さんこんにちは。
アシスタントクリエイターの村本です。

いま、このブログでは
「Webサイトに置ける各コンテンツの役割と、なぜそれが必要なのか?」を
1つ1つ確認しています。

今回のテーマは「お知らせ/ブログ」ページについてです。
---------------------------------


■「お知らせ/ブログ」ページとは? --
 企業が最新の情報を発信するページです。
 企業でブログを運用する場合、
 アメーバブログなどの外部サービスを利用する方法もありますが、
 こちらは、自社サイト内でブログを表示・更新するブログです。

■役割 --
 ユーザーに企業の取り組みや技術を発信(アピール)することができます。
 ユーザにとっても企業の取り組みや、雰囲気をさらに詳しくしることができる
 コンテンツになります。
 掲載されている情報が充実していいて、ユーザーにとって有益であれば
 サービスへの信頼せもあがります。

 また、働いている人の考えや知識を知ることで「この会社なら任せらそう」
 という安心感にも繋がります。
 BtoCの企業サイトなら商品の情報として、使い方・修理方法・新商品などを
 定期的に載せることで、リピートユーザー(ファン)を増やすきっかけにも
 なります。

■なぜ必要なの? --
 最新の情報を発信しながら信頼感・安心感をあたえるのはもちろんですが
 1番のメリットはSEO対策になるということです。
 (SEO=検索エンジンによるキーワード検索結果の順位を上げること)

 実際、AliveCastがお客様にSEOの相談を受けた際に、まず提案するものが
 ブログ掲載機能の追加です。
 ブログを使って自社商品(サービス)に関連する情報を掲載(更新)していくことで
 Googleのクローラーにサイトの有用性を認識させることができるからです。
 その結果、検索順位が上がる、もしくは下がらないようにする効果が期待できます。

 また、外部のブログサービスを利用すると、どんなにページを増やしたとしても
 自社サイトのSEOは良くなりませんし、そもそも商用利用NGのサービスが多いです。
 自社サイトのブログなら、サイト内の各ページにリンクが貼れますし
 自社に合わせた自由な使い方ができます。

 例えば、新商品のお知らせ(紹介から)商品詳細ページへの置いて
 購入に誘導することもできますし
 世間で話題になっている情報から、関連する自社サービスの紹介へ誘導する
 という使い方もできます。


■デザインのポイント --

 ① カテゴリーやタグをつける
   カテゴリーを分けて情報を整理しておくことで、
   ユーザーが自分に関連する情報を見つけやすいようにしておきます。

 ② 次に読むべきページ(情報)を用意しておく
   ブログの記事を読み終わったすぐ下に「おすすめ記事」や
   「よく読まれている記事」を配置します。
   ユーザにとって必要な情報に誘導する導線を作っておくと良いです。  


■ブログの書き方/注意点 --

 ① 記事の中に画像を入れる
  →実際の物や雰囲気やが伝わるため、文章だけの情報より断然伝わります。
   また、最近のユーザー名は画像メインのSNS利用になれているため
   文章のみだと情報が少なく、簡素な印象を与る恐れがあります。

 ② タイトルに商品(サービス)のキーワードを入れる
  →SEO対策になります。

 ③ 更新ゼロはキケン
  →更新が全く無いサイトをユーザが見たとき、どのように感じるでしょうか。
   「全て古い情報ではないか?今も情報は正しいの?」
   「そもそもこのサイトは運用されているの?」と、不安になりませんか?
   更新ゼロは、ユーザーの信頼を逆に下げてしまう可能性が高く、
   SEO的にも、更新されていないサイトとして下がってしまいます。
   週に1回は新しい情報を更新するようにしましょう。 

 ④ 趣味の話はほどほどに
  →働いている人の人柄を知って、親近感をもってもらうという意味では
   悪くない話題です。ですが完全にプライベートや趣味の話ばかりだと
   Googleのクローラー的には、何のサイトか判断しにくくなるため
   検索順位が上がりにくくなる恐れがあります。


---------------------------------
まとめ

Webサイトは一度作ってそれっきり…になってしまうともったいないです。
ブログやお知らせを積極的に活用して、
自社サイトをユーザーの目につきやすいものにしていきましょう。

AliveCastIPのみ表示されます

OK

管理側

残り

javascript css html VIEW側

php matchルーチン